滞納したガス代を支払わないと永遠に復旧しない!

滞納してしまったガス代を支払えないで、ガスを止められてしまった人は、その時になってはじめて「どうしよう!」と焦ります。

 

なんとなく、ガス代を払わなくても、それまでは自由にガスが使えていたので、実際にガスが使えなくなるまで危機感を感じない人が意外に多いのです!

 

しかし、ガスを実際に止められてしまうと、やはり生活に不便が生じて、何としてもガスを復旧してほしくなるものです!

 

特に寒冷地の場合は、冬場にガスが使えなくなると、オール電化の家でもない限り、温かいお風呂に入ることが出来なくなるため、地獄の苦しみを味わうことになります!

 

お風呂に入らないで仕事に出社するわけにはいかないですし、だからといって、冬場に水風呂は自殺行為です!

 

こうした当たり前のことだと思っていた生活が、ガスの閉栓のように、当たり前にできなくなってしまうのです!

 

しかし、お金がない人は、ガスの再会を希望しても、現実問題として大変な厳しい状況です。

 

それというのも、滞納で止まってしまったガスを復旧するには『滞納したガス代を支払う以外に方法がない』からです。

 

どうしてもガスを復旧してほしい人は、キャッシングもしくはカードローンを利用して早々に滞納を解消してしまうことが唯一の方法になります。

 

プロパンは止めらるのも早い!?

そしてガス代の滞納については、『プロパン』か『都市ガス』かによって、対応がかなり違ってきます。

 

一般的に、都市ガスの方が、ガスを滞納しても即止められることがありません。

 

大体の場合、検針から2カ月程度が過ぎた頃から徐々にガスが止められてしまう傾向があります。

 

ところが、プロパンになってくると、ガスの閉栓のタイミングは大きく違ってきます!

 

プロパンの場合は、ガスの支払いがないとわかると、即座に止められてしまうケースもあります。

 

プロパンは、それだけ滞納に厳しいため、都市ガスの人よりも、早めに支払うことをおススメします。

 

ただし、プロパンは、必ずしも都市ガスよりも厳しいかというと、そうでもなく、プロパン会社によっては、電話で連絡をしておくことによって、かなり柔軟な対応してくれるケースもあります。

 

そのため、利用しているプロパン会社によって、すごくガス代の支払いについてシビアなケースもあれば、都市ガスよりも柔軟なケースもあるので、都市ガスよりも、対応が予想しにくいのが難点です。

 

そういう意味では、都市ガスの方が、融通があんまり効かないのですが、対応がある程度決まっているので、対策がしやすいという部分があります。

ガスの再開は立ち合いが必要!

そしてガスは一回閉栓してしまったら、復旧には『立ち合い』が必要になります。

 

働いていて忙しい人にとっては、ガスの立ち合いは非常に面倒で、嫌がる人も多いですね。

 

そのため、ガスの立ち合いが嫌な人は、閉栓されてしまう前に、必ず支払いを終える方がおススメです。

 

一度閉栓してしまったら、ガスの場合は立ち合いは逃れられません。

 

既に結婚していて、家族がいる場合は良いですが、一人暮らしをしている人は、頼める人もいないケースがありますので、何とかしてガスの立ち合いの時間を作る必要があります。

 

現在、ガスの立ち合いは、土曜日なども対応しているケースもあれば、平日しか対応していないケースがあります。

 

土日に対応してくれるガス会社の場合は良いですが、平日しか対応してくれない会社の場合は、何とかして平日に時間を作らないと、いつまで経ってもガスの復旧が進みません。

 

その場合は、有給や半日休などを取って対応している人もいます。

 

ガスの立ち合いは、基本的にお金を支払っていれば、引っ越しのケースを除き、通常は滅多に起こらないので、周りの人にガスの立ち合いで休むと言ってしまうと、ガス代を滞納していたことがばれてしまう可能性がありますので注意が必要です。

ガス代は分割払いに出来ないケースが多い!

滞納したガス代金が高い場合、なんとかして『分割払い』に出来ないかと、お願いをする人がいます。

 

クレジットカードであれば、分割払いやリボ払いにすることも可能ですが、滞納したガス代を分割払いにすることは、『不可能』なケースがほとんどです。

 

 

 

これまでクレジットカードやカードローンなどで滞納したことがある人は、遅延の際に、「金利だけの一部払い」で見逃してもらったりした経験があるため、ガス代でもそれが通用すると勘違いしている人がいます。

 

クレジットカードやカードローンでは、滞納した際にそのような対応をしてくれることもありますが、ガス代の場合は、分割払いはあり得ません。

 

滞納したガス代を、きっちり耳を揃えて支払わない限り、ガスも復旧しません

 

以前に滞納した経験から、同じような条件が通用すると思ったら大間違いです!

 

やはりガス代にはガス代の決まりがあり、分割払いには応じられないというのが、ガス代の世界では基本となっています。

 

どうしてもガス代の支払いを分割払いなどに変えたい人は、支払い方法をクレジットカード払いに変更することをおススメします。

 

口座引落や振り込みについては、分割払いでの対応は難しいため、可能性があるとしたら、それはクレジットカードだけです。

 

更新履歴